年末調整って?、どんなことをするのかがわかる!
お気に入りに追加 知り合いに教える
顧問料不要の三輪税理士事務所
ホーム > ●次年度の準備
●次年度の準備

 

その年の年末調整が終わりましたら、次の年の準備です。

1.扶養控除等(異動)申告書の受理

  扶養控除等(異動)申告書は、最初の給与支給日の前日までに本人からしてもらわなければ

 ならないことなっていますので、実務では、年末調整時に扶養控除等(異動)申告書を年末調

 整の必要書類と一緒に配布して、一緒に回収するようにします。

 

2.従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書の受理

 2ヶ所以上から給与の支給を受けている人が、主たる給与からだけでは各種の控除ができな

 いと見込まれる場合には、従たる給与についての扶養控除等(異動)申告書の提出ができるこ

 とになっていますので、該当者がいるときは、この申告書を提出してもらいます。

 

3.源泉徴収簿の作成

 来年分の源泉徴収簿を作成します。

 源泉徴収簿は、毎月の源泉徴収事務及び年末調整を正確に、かつ、能率的に行うものです

 ので会社が使用している給与台帳等でも問題ありませんが、税務署で用意している源泉徴収

 簿を利用するといいでしょう。会社で使っているものを利用する場合は、毎月の源泉徴収税額

 がわかり、年末調整で使えるようなものでなければなりません。

 源泉徴収簿には、次の事項を記入します。

 @「所属」、「職名」、「住所」、「氏名」

 A「扶養控除等の申告」欄又は「従たる給与から控除する控除対象配偶者と扶養親族の合計

  数」の欄

 B「前年の年末調整に基づき繰り越した過不足税額」欄

 C税額表の適用区分(甲欄又は乙欄の表示)

 
▲ページトップへ